劇場アニメ『怪盗クイーンの優雅な休暇(バカンス)』が、2025年春に劇場公開されることが決定。スーパーティザービジュアルが公開された。



【動画】前作となる劇場アニメ『怪盗クイーンはサーカスがお好き』特報

 『怪盗クイーン』シリーズは、累計発行部数は120万部を突破し、青い鳥文庫(講談社)で20年以上刊行されつづけている人気児童書。刊行から20周年を迎える2022年、初のアニメ化として全国上映された劇場OVA『怪盗クイーンはサーカスがお好き』に続き、本作は劇場アニメ2作目。3年ぶりにスクリーンにクイーンたちが帰ってくる。

 スーパーティザービジュアルでは、豪華客船の甲板で主人公・怪盗クイーンが変装した姿であるアンジェリク・フォン・ペリゴール伯爵夫人が、ワイングラスを片手に優雅にほほ笑んでいる。また、その隣ではジョーカーが変装した姿であるジルが控えており、空にひっそりと浮かぶ飛行船・トルバドゥールも相まって、おなじみの面々の活躍を予感させるビジュアルとなっている。

 劇場アニメ『怪盗クイーンの優雅な休暇(バカンス)』は、2025年春劇場公開。