俳優の山田裕貴が6月16日、都内で行われたNetflix映画『Ultraman: Rising』配信開始記念特別上映会に、共演の小日向文世、早見あかり、シャノン・ティンドル監督、ジョン・アオシマ共同監督と共に出席。結婚してからの変化を明かした。



【写真】山田裕貴ら登壇者がみんなで「シュワッチ!」

 本作は、クリエイター、シャノン・ティンドルが監督・脚本を担当し、ジョン・アオシマが共同監督を務めた。CGアニメーション制作は、数々の名作、ヒット作を送りだしてきた「インダストリアル・ライト&マジック(ILM)」が手掛けた。1966年の放送開始以来、57年にわたり全世界で愛され続けている不滅のヒーロー「ウルトラマン」を、「親子」「家族」をテーマに、すべての世代で楽しめる新たなウルトラマンストーリーとして創造している。

 本作にちなみ、自身が一番大切にしている“調和”を話す場面で、山田は「自分の心と他者。無理に侵食せず、無理に距離を取ることなく、ちゃんと自分も大事にしながら人のことも大事にしたいなと思います」と気持ちを告白。山田は3月に女優の西野七瀬と結婚したことを発表。
山田は「僕も家族ができたので、考えるようになりました」と口にし「家と仕事のバランスみたいなものはものすごく考えるようになりました。そこも調和だし、俳優としての自分と、そうじゃない自分のギャップがありすぎないように、自然体でというような調和もあります」と打ち明けた。

 また、自身が演じたケンのように悩んだこともあったと振り返り「仕事しかしてないみたいなことも。めちゃくちゃありがたいし毎日感謝しているんですけど、自分を越えそうになったときがあって」と述懐。そのときは「ダメだ!」と思ったそうで「調和は大事、って思いました」と改めて実感したことを明かした。

 さらに、何かを守るために決断したことはあるか、という質問に山田は「すごく難しいですね」と悩みつつ「守れると思っていないかもです」と回答。
続けて「そんな大層なこと…何かを守れるなんて思ってないから、だから一生懸命がんばる。日々をしっかり生きる」と話していた。