バラエティー番組『逃走中』(フジテレビ系)をドラマ映画化する『逃走中 THE MOVIE』(7月19日公開)より、圧巻の“逃走アクション”を予感させる、過酷な撮影現場の裏側を捉えたメイキングPV「逃走中編」が解禁された。

【動画】JO1×FANTASTICSが語る! 『逃走中 THE MOVIE』メイキングPV「逃走中編」

 2004年から放送され、20周年という節目の年を迎える『逃走中』は、ハンターから逃げた時間に応じて逃走者は賞金がもらえる、ただしつかまれば賞金ゼロ。

終了まで逃げ切って大金を狙うか、途中でリタイアして手堅く稼ぐか、まさに一か八かの一獲千金ゲーム。

 映画の舞台となるのは賞金総額1億円超、参加総数1000人の史上最大級の『逃走中』。臨場感抜群、新感覚のアトラクションムービーとして、ハラハラドキドキ、そして時には熱く、時には泣ける物語が描かれる。

 そんなゲームの鍵を握るメインキャストとして、JO1から川西拓実、木全翔也、金城碧海、FANTASTICSから佐藤大樹、中島颯太、瀬口黎弥が出演する。

 この度、メイキングPV「逃走中編」が解禁。冒頭では「参加人数など(本作で描かれる「逃走中」の)規模がとにかくすごい」(川西)、「逃走中というコンテンツの凄さを改めて感じた」(佐藤)、「大スクリーンに引き込まれていく(ような感覚)」(金城)と、大規模な撮影に圧倒された様子で語るキャスト陣が登場。


 メイキング映像で絶え間なく映し出されるのは、ひたすらに走り続けるキャスト陣の姿。ハンターから全力疾走で逃れようとするシーンの撮影で、「本当に速い…(笑)」と息を切らしながら吐露する瀬口の姿や、東京ドームのグラウンドを全速力で駆け抜けた川西と佐藤が、膝をついて倒れ込んでしまう様子も。木全も「本当に(全員が)体を張って頑張ったし、よくあんなに走れたなと思う」と振り返っており、過酷を極めた撮影の舞台裏が収められている。

 ハンターからの逃走劇だけではなく、“逃走アクション”も大きな見どころのひとつである本作。中島が「ワイルドハンターが登場する時の恐ろしさは異次元」と語る通り、彼らを絶体絶命の窮地に追い込んでいくハンターのレベルもパワーアップ。劇中ではワイルドハンターと呼ばれる凶悪な敵も登場するが、映像ではワイルドハンターから逃れようと暗闇の廊下で障害物をすり抜ける高度なアクションにも挑戦する金城の姿も映し出され、それぞれが満身創痍(まんしんそうい)になりながらも、懸命に取り組んでいた様子が垣間見える。


 映像の最後には、長谷川雅紀(錦鯉)やHIKAKIN、津田篤宏(ダイアン)、クロちゃん(安田大サーカス)ら「逃走中」お馴染みの顔ぶれも登場。「(撮影したのが数時間前なのに)もう筋肉痛になってるんですよ」(HIKAKIN)、「(自分のシーンで)思いの外誰も笑ってへんかったからびっくりした…」(津田)、「(ストーリーの先が全く読めなくて)分かんないんだけどここ…」(クロちゃん)と、それぞれに困惑する常連組の活躍にも注目したい。

 映画『逃走中 THE MOVIE』は、7月19日より全国公開。