カン・ドンウォンが主演する韓国のホラー映画『憑依』が、9月6日より全国公開されることが決定。ティザービジュアルとメインカットが解禁された。



【写真】“祈祷師”カン・ドンウォンの怖美しい姿――映画『憑依』メインカット

 本作は、韓国での公開初日から6日間連続で観客動員数第1位を記録した新感覚憑依ホラーエンターテイメント。人気ウェブトゥーンを原作に、『別れる決心』『パラサイト 半地下の家族』などで助監督として経験を積んだキム・ソンシクがメガホンをとった。

 霊が全く視えないインチキ祈祷師のチョン博士(カン・ドンウォン)は、助手のインベ(イ・ドンフィ)と共に言葉巧みに依頼人を騙し、除霊と称した儀式でお金を儲けていた。ある日、ユギョン(イ・ソム)という若い女性から悪霊に取り憑かれた妹(パク・ソイ)を助けて欲しいとの依頼を受けたチョンは、いつものように偽の除霊を行おうとするが、妹の人間離れした動きと気配から彼の持っていた2つの呪具、鈴と七星剣が反応する。

 実はチョンは伝統ある祈祷師の末裔で、過去に起きた忌まわしい出来事により素性を隠して生きていた。チョンとユギョンはさらわれた妹を取り返すために悪霊と対峙するが、霊の正体は古くからいる悪鬼で人間を器に次々と憑依して襲い来る。
いつどこで誰に憑依するか分からない恐怖のなか、やがてチョン自身にまつわる重大な秘密も明らかとなり…。

 主演を務めたのは、是枝裕和監督作『ベイビー・ブローカー』や、『新感染半島 ファイナル・ステージ』に出演し、人気・実力共にトップクラスの俳優として知られるカン・ドンウォン。共演には『キル・ボクスン』で演技の幅を広げたイ・ソムや、『カジノ』で演技力の高さが評価されたイ・ドンフィ、そして数々の作品で密度の高い演技を魅せるホ・ジュノら錚々たる顔ぶれが集結。世界を席巻する人気K‐POPアイドルグループBLACKPINKのジスも特別出演している。

 今回解禁されたティザービジュアルは、カン・ドンウォン演じるチョン博士が”鳴らない鈴”を掲げ、”それ”がいるかどうか確認する緊張感溢れる姿を捉えたデザイン。そして彼に憑依しそうな勢いのタイトルロゴと、「鈴が鳴れば それは居る」というキャッチコピーが配置されている。


 あわせて解禁されたメインカットは、暗闇から現れたチョン博士のあやしくも美しい姿を切り取ったもの。映画本編でこの鈴が音を出す時が来るのか、そしてチョン博士は”それ”とどう対峙するのか。恐怖と期待が膨らむカットとなっている。

 映画『憑依』は、9月6日より全国公開。