2019年に放送した木村拓哉主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)が、『グランメゾン・パリ』として映画化。韓国のアイドルグループ、2PMのオク・テギョンが、パリのパティシエ役で登場する。



【写真】みんなでパリへ! 『グランメゾン東京』から続投するキャスト陣

 2019年、日曜劇場枠(毎週日曜21時)で放送され人気を博した『グランメゾン東京』。木村演じる、料理に人生をかけるフランス料理のシェフ・尾花は、己の慢心が招いた重大事件によって、パリで二つ星を獲得した店と仲間をすべて失ってしまう。しかし、鈴木京香演じるシェフ・倫子と出会い、周囲と衝突しながらも日本で三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する。同作は、放送当時から大きな話題を呼び、続編を望む声が多く寄せられていた。

 今年1月には公式サイト・公式SNSで「グランメゾン・プロジェクト始動」という言葉のみが明かされ、再始動に歓喜の声が寄せられる中、3月に、「グランメゾン東京」が三つ星を獲得した後を描くスペシャルドラマの放送を発表。そして先日、フランス・パリを舞台に三つ星に挑む、今作の公開が解禁されると、待望の映画版と世界を舞台に挑戦する物語に大きな話題が集まった。


 主演を務めるのは木村、さらに、鈴木、沢村一樹、及川光博、玉森裕太、寛一郎、吉谷彩子、中村アン、冨永愛などドラマから出演しているキャスト陣も再集結する。

 テギョンは、グランメゾン・パリでデザートを担当するパティシエ、リック・ユアン役で登場。ユアンは、料理に対する情熱さゆえ、時に木村演じる尾花と衝突することもあるが、異国の地で認めてもらうことの難しさを知っている人物。だからこそ、尾花とともにグランメゾン・パリで三つ星を目指すことにも強い想いがある。また、母国語の韓国語に加えて、日本語とフランス語の3言語を話すことができる。

 撮影についてテギョンは、「撮影が終わって寂しいですが、日本とパリでたくさんの思い出を作ることができて嬉しかったです」「パリではゆっくり過ごす時間もあり、共演者の方と食事に出かけるなど、楽しい時間を過ごすことができました」と振り返り、「色んな国から集まった俳優・スタッフと一緒に作品を作っていく中で、夢を目指すことは国を超えても同じことだなと感じました」とコメント。


 観客に向け、「皆さんにも、キャラクターたちの夢を目指す姿を観て、漫画みたいな『目指せばできる!』という勇気を受け取っていただけたら良いなと思います」とメッセージを贈った。

 映画『グランメゾン・パリ』は、今年冬公開。

 ※コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■オク・テギョン(2PM/リック・ユアン役)

撮影が終わって寂しいですが、日本とパリでたくさんの思い出を作ることができて嬉しかったです。始まる前は長い撮影期間になるかと思っていましたが、終わってみると短かったなと思います。パリではゆっくり過ごす時間もあり、共演者の方と食事に出かけるなど、楽しい時間を過ごすことができました。


モンマルトルやエッフェル塔など、パリを歩いて回っていると、共演者やスタッフの方達が働いている中、僕はこんなにもパリを満喫していて大丈夫なのか? と不安にもなりましたが笑、とても幸せでした! 今回の映画で料理監修をしてくださった小林圭さんのお店にも行きましたが、本当に驚くほど美味しかったです。映画の中でもサーブするシーンがありますが、実際に目の前で見ることができ嬉しかったです。

色んな国から集まった俳優・スタッフと一緒に作品を作っていく中で、夢を目指すことは国を超えても同じことだなと感じました。同じ目的に向かって共に目指すことを、この作品のストーリーでも表現できたと思います。皆さんにも、キャラクターたちの夢を目指す姿を観て、漫画みたいな「目指せばできる!」という勇気を受け取っていただけたら良いなと思います。