今夜最終回を迎えるドラマ『Re:リベンジ‐欲望の果てに‐』(フジテレビ系)で、主演の赤楚衛二がクランプアップ。約4ヵ月にわたる撮影を振り返り、心境や裏話を語った。



【写真】3月に30歳を迎えた赤楚衛二、大人の魅力もあふれる撮り下ろしショット

 本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐心」が入り乱れ、人間の内に秘めた「欲望」がむき出しになっていくリベンジサスペンス。今夜の放送で、いよいよ最終回を迎える。

 赤楚演じる天堂海斗(てんどう・かいと)をはじめ、大友郁弥(おおとも・ふみや/錦戸亮)や朝比奈陽月(あさひな・ひづき/芳根京子)、木下紗耶(きのした・さや/見上愛)など、さまざまな登場人物たちの「欲望」が絡み合い、巨大病院の権力争いと数々の悲劇をもたらした復讐劇が、ついに終止符を打つ。また、何者かに殺害されてしまった紗耶の死の真相や郁弥の真意も明らかになる。

 そしてこのたび、主演の赤楚がクランクアップを迎えた。赤楚が最後のシーンを撮り終え、スタッフから「天堂海斗役、赤楚衛二さんオールアップです!」の声がかかると、現場には大きな拍手が起きた。
赤楚は「約4ヵ月間お疲れさまでした」とほっとした表情を浮かべながら挨拶。

 自身の役について、「まず、天堂海斗という役で本当にいろいろな方々から罵声を浴び、(第6話で笹野高史に)エビチリを顔につけられ、すごい目でにらまれたりしました(笑)。あとは、花粉がつらかったですね!」と笑顔で振り返り、「(役的に)苦しいことが多かったのですが、金井(紘)監督をはじめ、現場の皆さんがすごくステキで温かくて、アットホームで…居心地が良かったです!」と思いを明かした。

 そして、「共演者の錦戸さんをはじめ、皆さんにすごく助けられました。もし役みたいにバチバチされていたら、僕はここにいなかったかもしれません(笑)。本当にそれぐらい皆さんの優しさに助けられ、最後まで走りきることができました」と語り、「まだ、編集は残っていると思いますが、頑張って下さい。
そして、この4ヵ月間を振り返って、僕は“宝物のような作品”と出会えたな、と心から思います。皆さんと出会えて、本当に幸せでした。ありがとうございました!」と深々とお辞儀をして、スタッフ・キャストへ感謝の言葉を伝えた。

 赤楚演じる海斗vs錦戸演じる郁弥――この2人の出会いと、2人を取り巻く登場人物たちの「欲望」がむき出しになっていく時、巨大病院を舞台とした権力闘争に大きく拍車がかかっていく。そして、「野心」と「復讐心」が入り乱れ、「欲望」に食い尽くされた者たちの先に待つ未来とは?

 木曜劇場『Re:リベンジ‐欲望の果てに‐』最終回は、フジテレビ系にて6月20日22時放送。