キャラクターとシンクロし人気を集めた「エヴァンゲリオンレーシング レースクィーン2012」の卒業メモリアル写真集「エヴァンゲリオンレーシング RQ:戦闘と日常」が発売されている。

<フォトギャラリー>ちょっと見えすぎ!?「エヴァンゲリオンレーシング RQ :戦闘と日常」

 エヴァンゲリオンレーシングは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とのプロモーションタイアップにより生まれたレーシングチーム。市販車を改造したマシンで争われる自動車レース「SUPER GT 300クラス」、2輪レースでは「鈴鹿8時間耐久ロードレース」、さらには「全日本ロードレース選手権」にも参戦している。

 レースクイーンには、綾波レイ役を水谷望愛、式波・アスカ・ラングレー役を千葉悠凪、真希波マリ・イラストリアス役を高塚麻奈、碇シンジ役を野呂陽菜、渚カヲル役を采女華が務め、レース場などで高い注目を集めていた。いずれも昨年11月に開催された「JAFグランプリ“富士スプリントカップ”」を最後に卒業している。

 本写真集は、「戦闘と日常」をテーマに、ストーリー仕立ての構成で制作された。サーキットでのレースクイーンコスチュームショットから、普段は見ることが出来ないハイレグバージョンのコスチューム、アスカのテスト用プラグスーツをモデルとしたコスチュームまで、ちょっと見えすぎなセクシーショットも収録。特別付録としてメイキングDVDを付属している。

 「戦闘と日常」は販売サイト「ラナタウン」、「エヴァンゲリオンストア」で予約受付をスタート。価格は4,800円(税別)。完全予約販売のため2月1日(金)午前10時までの予約部数のみを製本。増刷・復刻は行わない。