『glee』コーリー・モンテース、依存症でリハビリ施設に入院

『glee』コーリー・モンテース、依存症でリハビリ施設に入院
リハビリ施設へ (C)AFLO
 海外人気ドラマ『glee/グリー』にファースト・シーズンからフィン役でレギュラー出演していたイケメン俳優コーリー・モンテース(30)が、依存症克服のため自らリハビリ施設に入院した。

【関連】「コーリー・モンテース」フォトギャラリー

 「コーリー・モンテースは依存症のため、リハビリ施設に進んで入院しました」とコーリーの代理人は声明を発表。

 「皆様には、彼が少しでも早く回復するよう、彼の意思とプライバシーを尊重していただければ幸いです」。

 コーリーは2011年のインタビューで、若い頃薬物依存症だったこと、19歳のときにリハビリ施設に入院していた過去を告白している。

 『glee』での共演がきっかけでコーリーとプライベートでも交際しているリー・ミシェル(26)をはじめ、『glee』共演者、プロデューサーらは、コーリーへのサポートをいち早く表明。「彼はすばらしい人間であり、『glee』ファミリーの一員です。私たちは彼の決意を尊重し、できうる限りサポートする所存です」とコメントしている。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月2日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。