リヴァー・フェニックスの死因が明らかに!

 1993年10月31日に薬物の過剰摂取のため23歳の若さで急逝したリヴァー・フェニックス。リヴァーの死から今年で20年が経つが、リヴァーの最期の時に居合わせ、親交も深かったというセロニアス・モンスターのフロントマン=ボブ・フォレストが回顧録『Running with Monsters:A Memoir(原題)』の中で当時の様子を語ったようだ。

【関連】遺作『Dark Blood(原題)』の写真も!「リヴァー・フェニックス 追悼20周年」フォト特集

 10月1日(現地時間)にアメリカで発売された同著の中で、自身の薬物依存の日々を書き綴ったボブがリヴァーの死についても触れていると、The Wrapは伝えている。

 ジョニー・デップが共同経営者を務めていたハリウッドのナイトクラブ=ザ・バイパー・ルームでは10月30日の夜、リヴァーやレッド・ホット・チリペッパーズのギターリスト=ジョン・フルシアンテ(現在はバンドを脱退)がパフォーマンスのために集まっていたが、楽屋ではこんな一幕があったという。

 「誰かがコカインを出して回した。リヴァーは明らかに酔っ払っていて15ラウンドの試合で何度も頭を打たれたボクサーみたいになっていた。彼が動ける状態ではなかったので酔ってると思った。ヘロインをやった人間は立っていると体が傾くが、よろめいたり倒れたりすることは滅多にない」。

 リヴァーはその後、ジョニーの当時のバンド「P」の演奏中に、血の気の引いた顔をしてボブのもとにやって来ると「ボブ、気分が悪い。オーバードーズしてるんだと思う」と伝えたそうだ。オーバードーズした人間は動けないと思ったボブはリヴァーを信じなかったが、家に送っていくとリヴァーに言うと気分は回復したと断られたそうだ。「お前は立って話せるからオーバードーズしてないよ」と軽く受け流したことに、ボブは今でも罪の意識を感じているという。
編集部おすすめ
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク