2009年以降、大ヒットした低予算ホラー映画トップ15発表

2009年以降、大ヒットした低予算ホラー映画トップ15発表
2009年以降、ヒットした低予算ホラー映画1位『死霊館』(C) AFLO
 アメリカで低予算のホラー映画ブームが巻き起こっている昨今。2009年以降に公開された低予算ホラー映画で、世界興行収入トップを飾ったのは『死霊館』となった。

【関連】2009年以降、ヒットした低予算ホラー映画トップ15の場面写真

 Hollywood Reporter誌によると、ホラー映画は他の映画ジャンルに比べて、製作費やギャラなど全体の予算が概して低めとのことだが、映画興行収入を集計・分析するボックス・オフィス・モジョによるランキングでは、予算が2000万ドル(約19億5800万円)以下で2009年以降に公開されたホラー作品を対象に、10月6日時点における世界興行収入トップ15作品が発表された。

 ランクインした作品の中には、2014年1月10日に日本で公開される『インシディアス 第2章』や、『Mama(原題)』『The Purge(原題)』といった日本未公開作品もあり、今後、最終的に世界興行収入が変わる作品があるかもしれないが、当座の1位『死霊館』は予算2000万ドル(約19億5800万円)で世界興行収入2億9740万ドル(約291億1240万円)を叩き出している。

 同作を監督したジェームズ・ワンの他の作品では『インシディアス』シリーズがランクイン。また、ワン監督の出世作となった第一作を始め、『ソウ』シリーズは大体が2009年以前の公開作で、対象期間内では『ソウ ザ・ファイナル 3D』だけのランクインとなった。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月1日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。