閲覧注意! デ・ニーロ対トラボルタ、ドS級の拷問合戦“激痛”映像公開

 ロバート・デ・ニーロとジョン・トラボルタが初競演にして一騎打ちに挑むサディスティック・アクション『キリングゲーム』。2014年1月11日の全国公開を前に、本作の“旨み”とも言える激痛シーンが詰まった特別映像が解禁された。

【関連】デ・ニーロ6年ぶりに来日!2013年に来日したスターをフォトで振り返る

 二度のアカデミー賞に輝き、最近も『世界にひとつのプレイブック』で助演男優賞にノミネートされた大ベテランのロバート・デ・ニーロ。二度にわたるアカデミー賞主演男優賞ノミネート、近年はアクションを中心にますます幅広い役柄で活躍するジョン・トラヴォルタ。二人が初コラボレーションに選んだのは、全編ほとんど二人だけで展開される、全身で痛みを体感するサディスティック・アクション『キリングゲーム』。監督をマーク・スティーヴン・ジョンソン(『ゴーストライダー』シリーズ)、脚本をエヴァン・ドーハティ(『スノーホワイト』)が務める。

 本作の大きな魅力は、VFX全盛のハリウッドの時流に逆行した“体当たり”のリアルアクション。デジタルでは決して表現できない本物の痛みを大物俳優二人が生々しい拷問シーンで体現している。

 アメリカ東北部からカナダへと広がる広大なアパラチア山脈の大自然で、偶然出会った元アメリカ軍人のベンジャミン(ロバート・デ・ニーロ)とセルビア人元兵士のコヴァチ(ジョン・トラヴォルタ)。二人とその出会いを紹介する場面に続いて唐突に出てくるアテンションマークが、その後の映像の危険度を警告。戦場で負傷した脚をさらに狙う非道さや、両頬に貫通した矢を引き抜き、傷口に塩の入ったレモネードを注ぎ込む執拗さ…。視覚・聴覚的に、観る者が特に“痛い”と感じられる場面を厳選したドS映像となっている。あなたはこの痛みに耐えられるか!?

 ボスニア紛争という過去に決着をつけるため、心にも肉体にも深い傷を抱えた男同士が繰り広げる壮絶な一騎打ちは、強烈な狂気と痛みをもって痛烈に伝わってくる。ふたりの壮絶な“キリングゲーム”の行方は、ぜひ劇場で見届けてほしい。
編集部おすすめ
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク