三池崇史監督『オーディション』リメイク決定、『氷の微笑』プロデューサーが参加

 村上龍原作、三池崇史監督で映画化された『オーディション』(00)が、ハリウッドでリメイクされることが明らかになった。Deadlineが伝えた。

【関連】『オーディション』も!「死ぬまでに見るべきホラー映画20本」発表<フォトギャラリー>

 日本版『オーディション』は数々の映画祭で上映され話題になったサイコサスペンス。映画製作のオーディションを開催した主人公の中年男性が、理想の相手として選んだ女性に恐怖の底に落とされる様を描く。

 Deadlineによると、映画版で石橋凌が演じた主人公・青山は、リメイク版ではサム・デイヴィス、椎名英姫が演じた麻美はエヴィー・ローレンスという名前になるそうだ。7年前に妻を亡くし、息子と暮らすサム。映画製作者の友人に説得され、偽のオーディションを開催し、謎めいた過去のある元バレリーナ、エヴィーに出会うが…。リメイク版はアメリカを舞台に、登場人物たちの名前は変わるが、他の詳細は村上の原作小説に近い内容になるという。

 映画『ターミネーター』シリーズや『ランボー』シリーズ、『氷の微笑』1&2など、数々のヒット映画を手掛けているマリオ・カサールが、製作を務める。監督と脚本を兼任するのは、シチュエーション・スリラー『THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~』(14・未)のリチャード・グレイ。

 現在キャストは不明だが、今秋に撮影を開始する予定とのことなので、近いうちに続報が届くことに期待したい。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

三池崇史のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「三池崇史」に関する記事

「三池崇史」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三池崇史」の記事

次に読みたい「三池崇史」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク