米CBS局が進めているスーパーガールの実写ドラマ化『Supergirl(原題)』に、一世を風靡した人気海外ドラマ『アリー my LOVE』のアリー・マクビール役で知られるキャリスタ・フロックハートがレギュラー出演するという。

【関連】ミニスカート弁護士登場!『アリー my LOVE』フォトギャラリー

 『Supergirl(原題)』では、海外ドラマ『glee/グリー』のマーリー役で人気者になり、話題作『セッション』に出演する女優メリッサ・ブノワが主人公のスーパーガールことカーラを演じる。ドラマは、地球で普通に暮らしながら自分の内なる力を使えず非力に感じていたカーラが、ある予期せぬ災害が起き公衆の面前で力を発揮したのをきっかけに、自分の力を人助けのために使い始めるというストーリーになる。

 キャリスタはグローバル展開する雑誌やウェブサイトを抱える大手メディア企業の創業者キャット・グラントを演じるそうだ。手厳しいやり手のボスとなるキャットの個人秘書になるカーラは、キャットのもとで相当苦労することになるようだ。

 キャリスタのテレビドラマ出演は、2011年にシーズン5で終了したファミリードラマ『ブラザーズ&シスターズ』以来。有名俳優の夫ハリソン・フォードとはアカデミー賞当日、レイカーズの試合を観戦し、ハーフタイム中のキスカムには仲睦まじいキスを披露するなど、2015年はキャリスタにとって公私ともに充実した年になりそうだ。