昨年8月に映画『バイオハザード』シリーズの監督で夫のポール・W・アンダーソンとの第2子を妊娠したことを明かした女優ミラ・ジョヴォヴィッチが現地時間1日、女児を出産したことが明らかになった。

【関連】「ミラ・ジョヴォヴィッチ」フォトギャラリー

 「ミラは今朝5時45分に娘ダシエル(Dashiel)を出産しました。みんな、興奮しとても喜んでいます」と、ミラの代理人が出産の事実と女児の名前をE!Newsに明かしたという。「ミラは新しく生まれた娘の抱きしめモードに入っています!」とのことだ。

 出産予定日は3月29日だったようだが、ミラは30日(現地時間)に自身のフェイスブックで「ねえ、みんな!私の出産が1日遅れてる。もういつ来てもおかしくないわ。だから荷物をまとめて準備はできてる。でも今は身を乗り出して待ってるところよ!」とファンに報告していた。

 ミラは出産予定日の2日前には、アンダーソン監督とハイキングに出かけ、出産予定日の当日は「赤ちゃんが生まれる気配はなし」と、ウエストLAの“リトル大阪”にあるお気に入りのつけ麺店で食事したという。

 ミラはアンダーソン監督と2009年に結婚。2人の間には婚約中に生まれた現在7歳になる娘エヴァーがいる。この6月には、妊娠のために延期になった『バイオハザード』シリーズ最新作の撮影を始める予定だ。