北野武監督「上手い役者を集めた」 ベテラン俳優・藤竜也、北野組初参加で緊張

 ヤクザ同士の熾烈かつ卑劣な覇権争いを、バイオレンスたっぷりにスクリーンに叩きつけた映画『アウトレイジ』シリーズから一転。鬼才・北野武監督が手掛けたのは、ヤクザはヤクザでも、平均年齢73歳のキャスト陣が、冷遇される元ヤクザをいぶし銀芝居で見せる“笑撃作”『龍三と七人の子分たち』だ。

【関連】北野武監督&藤竜也インタビュー<フォトギャラリー>

 “オレオレ詐欺”“悪徳商法”など老人を食い物にして荒稼ぎするチンピラ軍団に立ちあがったのは、家族から冷遇されたり、生活保護を受けたり、長期入院中だったりする元ヤクザの老人たち。その元ヤクザを演じるのが、藤竜也(龍三親分)、近藤正臣(若頭のマサ)、中尾彬(はばかりのモキチ)、品川徹(早撃ちのマック)、樋浦勉(ステッキのイチゾウ)、伊藤幸純(五寸釘のヒデ)、吉澤健(カミソリのタカ)、小野寺昭(神風のヤス)。子分を七人にしたのは、北野監督いわく「黒澤明監督へのオマージュ」だという。

 北野監督による久々のコメディタッチな作品でありながら、その顔触れはさながら“邦画界のアベンジャーズ”。北野監督は「お笑いの人がやると、芸人の性としてアドリブとか変にボケようとかする。台本の段階で、そのまま繋げれば笑えるようになっているので、余計な事をされると全体のバランスが崩れる恐れがある」とベテラン俳優陣を配した狙いを明かす。そこには「どんなベタなネタであっても、真面目な役者さんが上手く真面目にやればやるほど、その面白さは増す」と“ビートたけし”としての笑いの嗅覚が働いている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

北野武のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北野武」に関する記事

「北野武」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北野武」の記事

次に読みたい「北野武」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク