野島伸司、山下智久に「よくやってくれた」と高評価 『アルジャーノン』オールアップ

 山下智久主演ドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)のドラマオールアップ&囲み取材会が30日に行われ、主演の山下に脚本監修として参加した野島伸司が花束を贈呈した。山下は「いままでやってきたドラマの中で一番撮影期間が長くて、役作りも含めてすごく苦労した。この作品を通していろんなことを学んだ」とすがすがしい表情を見せた。

【関連】『アルジャーノンに花束を』オールアップ囲み取材会<フォトギャラリー>

 多摩川の丸子橋で最後の撮影を終えた後、山下は「ヤッター!」と両手を挙げて喜んだ。知的障がいを持っていたが、手術によって天才に変貌するという難しい役柄を演じきった山下は「スタッフの目標の高さに引っ張られた。これからもどんどんいろんなことをやって、気概を感じられる人生を過ごして生きたい」と語る。

 囲み取材では野島が「逆境の中で始まるとわかっていたが、山下君はよくやってくれたと思う。繊細な芝居付けをやってくれている。オーバーアクションせず、ぎりぎりのラインで純粋性だけを見せるように演じてくれた」と山下を高評価。「完パケが上がってきたら、いつも、1回見て終わるが、本作は何回か見ちゃう」と告白した。

 演出を手掛ける吉田健がTBSを定年退職するということで、記念に今回の仕事を引き受けたという野島。原作については「小説には主役にカタルシスがないと思っていた。悪く言えば個人の苦悩と葛藤に終始して読者に心的影響を与えてない。だから、連続ドラマの主役として成立するように作った。物語の中で葛藤ができるポジションに柳川(窪田正孝)と檜山(工藤阿須加)の2人を山下のそばに置いた」と明かした。

 本作は、日本でも累計発行部数330万部を誇るダニエル・キイス著作のベストセラー同名小説のドラマ化。幼児並の知能を持った精神遅滞者の青年・白鳥咲人(山下)が手術により天才的な知能を手に入れたことで知る愛と憎しみ、喜びと孤独。人間の心の真実に迫る。

 ドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)は毎週金曜22時放送中。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

山下智久のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「山下智久」に関する記事

「山下智久」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山下智久」の記事

次に読みたい「山下智久」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク