『進撃の巨人』三浦春馬「この夏は『進撃』一色に」 自分の怠け癖の“駆逐”も宣言

 人気コミックの実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の公開初日舞台挨拶が行われ、俳優の三浦春馬、長谷川博己、本郷奏多、三浦貴大、松尾諭、ピエール瀧、女優の水原希子、石原さとみ、桜庭ななみ、メガホンをとった樋口真嗣監督が登壇した。

【関連】『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』初日舞台挨拶<フォトギャラリー>

 夜中に一度目覚めてしまったが晴れやかな気持ちで初日を迎えたという主人公エレン役の三浦。舞台挨拶する意義を改めて考えたといい、「長い時間をかけて作品を撮らせてもらったこと、こうして初日にたくさんの人に観ていただけることを感謝しに、この場に立たせていただいていることをしみじみ感じさせられました」と真摯に語り、「この『進撃の巨人』で特別な夏にしていただけたらと思っています」と、感謝の気持ちと胸の内を明かした。

 「この夏は『進撃』一色にしていきたい」と語る三浦は、「後編もあるので『進撃の巨人』の世界観をもっとたくさんの人に知ってほしい。実写版ならではの良さをもっともっと提供していきたいと思っている」と、自分の怠け癖を“駆逐”して、今後も精力的に作品のプロモーションを行うと誓った。

 ヒロイン・ミカサ役の水原は上映後の舞台挨拶とあり、「こんなにたくさんの方が初日に来てくれて嬉しいけれど、皆さんの熱気というか…、楽しんでいただけたんですよね?」と会場を埋め尽くした観客の盛り上がりに押され気味の様子。それでも「すごく嬉しいです」と笑顔を浮かべ、拍手を浴びた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク