大友啓史監督に“実写化困難” の文字はない? 人気漫画の映画化を成功させるワケ

大友啓史監督に“実写化困難” の文字はない? 人気漫画の映画化を成功させるワケ
『ミュージアム』『秘密 THE TOP SECRET』の実写映画化に挑む大友啓史監督 クランクイン!
 昨年11月末、熱狂的ファンを持つ巴亮介のサイコスリラーコミック『ミュージアム』の実写映画化が発表された。メガホンをとるのは映画『るろうに剣心』シリーズや大河ドラマ『龍馬伝』の大友啓史監督だ。さらに彼は、清水玲子の大人気コミック『秘密 THE TOP SECRET』の実写映画化も手掛ける。“実写化が困難”と叫ばれる作品の映像化は、ファンにとって常に不安が付きまとう。しかし「大友監督なら」と期待する人は多いのではないだろうか。

【関連】『るろうに剣心 伝説の最期編』フォトギャラリー

 振り返れば『るろ剣』が実写化されるという一報が流れた際、賛否というより否定的意見が圧倒的な数を占めた。しかし蓋を開けてみれば、3作合計で興収120億を超える大ヒットを達成。興行的な数字だけではなく、スタイリッシュな映像、日本映画の概念を打ち破るようなアクションシーン、そしてしっかりとした物語と、内容的にも評価され、そのチャレンジに多くの賞賛が贈られた。

 大友監督と言えば、NHK在籍時に2年間、ロサンゼルスに留学し、ハリウッドの撮影技術や脚本など映像にまつわる総合的なことを学んだというキャリアがクローズアップされる。特徴的な長回しや、光と影の使い方など、スクリーンに映し出される映像は、ある種独特の存在感を醸し出す。あまり映画を観ない人でも大友監督の作品は「何となく違うな」と感じることが多いだろう。

 もちろん、個性的な映像も大友監督の特徴の一つだが、それ以上に多くの人の心をつかむのは、原作に寄り添い、人物や作品の持つメッセージ性や意味をしっかり理解することによって生み出された“解釈”を映像に乗せるからではないだろうか。その部分がぶれないから、『龍馬伝』のような時代物から、『プラチナデータ』のような近未来サスペンスなどジャンルが全く違うものでも上手に“料理”することができるだ。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月11日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。