二宮和也&深津絵里、キネ旬主演賞授賞式で名コンビぶりを披露!

二宮和也&深津絵里、キネ旬主演賞授賞式で名コンビぶりを披露!
「第89回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式にて クランクイン!
       
 老舗映画雑誌・キネマ旬報(1919年創刊)が選定する「第89回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が13日、都内で行われ、主演男優賞の二宮和也(嵐)と主演女優賞の深津絵里がそろって出席。同雑誌(2月下旬号)の表紙をツーショットで飾った二人は、それぞれの印象を、「あ、本物だぁ」(二宮)、「あ、ニノだぁ」(深津)とオトボケ回答で会場をなごませ、主演賞同士、早くも名コンビぶりを発揮していた。

【関連】「第89回キネマ旬報ベスト・テン」フォトギャラリー

 1924年(大正13年)からスタートした同賞では、その年を代表する「日本映画」「外国映画」を10本挙げるほか、「日本映画主演男優・女優賞」「日本映画助演男優・女優賞」「新人男優・女優賞」などその年の賞賛すべき映画作品や映画人を表彰。ベスト・テンおよび各賞の選出は映画評論家、日本映画記者クラブ員、新聞記者ら136名(2015年)の投票によって行われた。

 『母と暮せば』で主演男優賞を受賞した二宮は、「僕はこの映画を1月20日に映画館で観て来ました。しかも、ちょうどサービスデーだったので1100円で…凄くいい映画でした」といきなり笑いをとると、会場は一気になごやかなムードに。少し表情を引き締めながら二宮は、「日頃、応援していただいている若い方々に、『戦争』というものを改めて学んでいただける一つのキッカケになればいいなと。そういう責務が自分にはあったのですが、少しは叶ったかなと思います」と本作に込めた思いを真摯に語った。また、今朝、嵐のメンバーとたまたま仕事が一緒だったという二宮は、「みんな意外とクールでしたね。僕が一番喜んでいた」と、最後は自虐ネタで爆笑を誘っていた。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月14日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。