内博貴、ラップ自己採点は「100点満点中3点」 初挑戦の難しさ実感

 KREVAが手掛ける音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』の制作発表会見が26日、都内にて行われ、音楽監督を務めるKREVA、主演の内博貴らキャストが登壇した。ラップ音楽を中心にステージが展開されていくが、ラップ初挑戦の内は「初めてなので今は新鮮な気持ちでいっぱい。先日KREVAさんと練習を初めてやって、自己採点で100点満点中3点くらいだったんですよ(笑)。稽古を通して100点に近づいていければ」と意気込んだ。

【関連】『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』会見フォトギャラリー

 KREVAの楽曲で全編構成、KREVAと音楽界、演劇界、声優界などさまざまなジャンルから集められたキャストたちにより、2011年に初演、2014年に再演されている本作。今作はを題材にした3つのオムニバスストーリーが展開される完全新作となる。

 「KREVAさんの曲が大好きでいつも聴いていますが、聴くのとやるのは大きな違いがあります」と不安そうに語る内。そんな内にKREVAは「稽古でセリフが入ってきて、ラップがセリフの一部になってくれば、内くんだったら大丈夫。ミュージカルとストレートプレイの中間ぐらいがラップだと思うので、内くんくらい場数を踏んでいる人だったら、セリフの一部のように声を発してもらえると」と背中を押した。

 劇中、二人でユニット“ウチクレバ”を結成するが、二人のリアルな関係としてKREVAは、「“家くれば?”の前に、まずは内くんの車に乗せてもらうことから始めたい。“クルマノレバ”から」と話し、笑いを誘った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

内博貴のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「内博貴」に関する記事

「内博貴」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「内博貴」の記事

次に読みたい「内博貴」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク