竹野内豊が、10年ぶりにテレビ朝日の連続ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』(4月スタート)で主演を果たすことがわかった。竹野内は、企業法務を専門とする法律事務所の弁護士・咲坂健人に扮し、咲坂の元妻で仕事のパートナー・夏目佳恵を松雪泰子が演じる。竹野内と松雪は、映画では共演経験があるものの、連ドラでは初共演となる。

【関連】「竹野内豊」フォトギャラリー

 本作は、日々企業から持ち込まれる案件に法律を駆使して取り組む企業法務専門の法律事務所を舞台に、スマートでブリリアントな弁護士たちが理不尽な悪に立ち向かう姿を描いたドラマ。

 顧客からの依頼に真摯に向き合うクールな“法務ドラマ”的側面と、時にいがみ合い、痴話ゲンカをするコミカルな元夫婦が織りなす“ホームドラマ的”側面という、2つの要素が絡み合い、これまでにない新しい弁護士ドラマになっている。脚本は、『DOCTORS~最後の名医』『HERO』『海猿』などで知られる福田靖が担当。竹野内と福田は本作が初タッグとなる。

 竹野内は、「(脚本の)福田さんの何とも言えないユーモアを含んだ切り口で、非常に解りやすく世代を選ばず楽しめる物語になると思います」と作品をアピール。そして、松雪については「色々な引き出しを持っていらっしゃる方なので、これからの3ヵ月間が楽しみです」と期待を寄せた。

 一方の松雪は、竹野内の印象を「役柄に真摯に向かわれる方」と話すと、「夏目佳恵という女性は、弁護士であり、母・妻でもあります。弁護士としての佳恵は“テンションが高く、のような女性”にしたい。一方で妻・母である一面は人間味を感じられる部分であると思うので、そちらも大事に演じていきたいと思っています」と役作りについての思いを明かした。

 また本作には、賀来賢人山崎育三郎杉本哲太馬場園梓(アジアン)、岡本あずさ、宮地雅子宮崎香蓮大倉孝二國村隼らも出演する。

 木曜ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』は、テレビ朝日系24局ネットにて4月より毎週木曜21時放送。