ジブリ・新海誠・今敏作品…海外メディアが選ぶ「日本のアニメ映画ベスト14」

ジブリ・新海誠・今敏作品…海外メディアが選ぶ「日本のアニメ映画ベスト14」
拡大する(全1枚)
『千と千尋の神隠し』(2001)(C)AFLO
 世界中で人気を拡大し続けている日本アニメだが、海外ではどんな作品が高く評価されているのだろう? アメリカの映画サイトSCREENRANTでは、『千と千尋の神隠し』や『秒速5センチメートル』など、14本のジャパニメーションを選出している。

【関連】海外メディア選出「日本のアニメ映画」フォトギャラリー

 日本と同様に、スタジオジブリ作品は高く評価されている模様。リストには『紅の豚』(92)、『天空の城ラピュタ』(86)、『もののけ姫 』(97)、『千と千尋の神隠し』(01)など、過半数越えの8作品が選出された。
 
 ジブリ作品同様に高い人気を誇る新海誠監督の『秒速5センチメートル』(07)もランクイン。ファンタジーやSF要素ではなく、現代日本における成人の過程や愛に主眼を置いたストーリーが評価されているようだ。

 他にも渡辺信一郎監督の『COWBOY BEBOP 天国の扉』(01)、大友克洋監督の『AKIRA』(88)、細田守監督の『時をかける少女』(06)、今敏監督の『パプリカ』(06)などの名作アニメがリスト入りしている。

SCREENRANTが選んだ全14作品は下記の通り。
『AKIRA』(88)
『紅の豚』(92)
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)
『天空の城ラピュタ』(86)
『もののけ姫 』(97)
『千と千尋の神隠し』(01)
『COWBOY BEBOP 天国の扉』(01)
ハウルの動く城』(04)
『時をかける少女』(06)
『パプリカ』(06)
『秒速5センチメートル』(07)なし
『崖の上のポニョ』(08)
『かぐや姫の物語』(13)
『風立ちぬ』(13)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

今敏のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「今敏」に関する記事

「今敏」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「今敏」の記事

次に読みたい「今敏」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク