カンバーバッチ、“上から目線”で傷を診断 アイアンマンは不治の病?

 ベネディクト・カンバーバッチ主演のマーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』にて、主人公・ドクター・ストレンジが、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で互いに争うアベンジャーズ達を医師として“上から目線”で診断する特別映像が解禁された。

【関連】『ドクター・ストレンジ』ワールドプレミア<フォトギャラリー>

 本作は、『アイアンマン』シリーズ等の超メガヒット作品を次々に生み出し、『ハリー・ポッター』シリーズや『スター・ウォーズ』シリーズを超えて世界最速で累計興収1兆円を突破。世界興収6億ドルを突破し、『アイアンマン』を超えてマーベル・スタジオの単独ヒーロー第1弾作品として史上最高のヒットを記録している。

 “ヒーローでありながら傲慢な天才外科医”というドクター・ストレンジは、8000ものキャラクターを有するマーベルをみても異色のキャラクター。実はカンバーバッチは、そんなストレンジの外科医としての顔を演じる為に、有名な神経外科医から仕事のイロハ学んだという。「僕はとても高名な神経外科医のウィリアム・ハークネス博士からアドバイスをもらったんだ。彼は脳について、手術について、手術前の手洗いの仕方まであらゆることを教えてくれたんだ」と明かす。更には医学書籍までをも読破、外科医としての役作りに役立てたという。

 今回解禁された特別映像では、傲慢な天才外科医ドクター・ストレンジがアイアンマンやキャプテン・アメリカをはじめとするアベンジャーズ達を上から目線で診察していく。「聴覚の喪失。ついでに威厳も失ったな」と辛らつな一言を放ったり、
編集部おすすめ
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アイアンマン」に関する記事

「アイアンマン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アイアンマン」の記事

次に読みたい「アイアンマン」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク