『思い出のマーニー』米林監督、最新作のテーマは“魔女” 宮崎駿監督には一切相談せず

『思い出のマーニー』米林監督、最新作のテーマは“魔女” 宮崎駿監督には一切相談せず
『メアリと魔女の花』ビジュアルも公開!(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
 米林宏昌監督とに西村義明プロデューサーが15日、東宝本社にて行われたスタジオジブリ退社後、初監督作品となるアニメ映画『メアリと魔女の花』の製作発表記者会見に出席。新スタジオとなる「スタジオポノック」設立経緯や、本作の企画意図など熱い思いを語った。

【関連】『メアリと魔女の花』製作発表記者会見<フォトギャラリー>

 本作は、イギリスの女流作家メアリー・スチュアートによる児童文学「The Little Bloomstick」を原作に、一人の少女がひょんなことから大冒険に巻き込まれ、初めての世界でさまざまな経験をしながら成長していく姿を描くエンターテインメント作品。

 新会社「スタジオポノック」製作による作品となった経緯について、西村プロデューサーは「2013年9月に宮崎駿監督の引退会見がありましたが、その1~2ヵ月前に鈴木敏夫プロデューサーから『今後、今までのように映画を作るのは難しい。ジブリの製作部門は解散する』という話を聞きました。当時は『かぐや姫の物語』や『思い出のマーニー』の製作に追われていたため、実感は沸かなかったのですが、『思い出のマーニー』が完成したあと、米林監督に『マロさん、もう一本映画を作りたいですか?』と聞いたところ、普段ならあまりはっきり物事を言わない人が『作りたいです』って即答したんです」と当時を振り返る。

 その後、どういう形で長編映画ができるかを模索したという西村プロデューサーだったが、新会社を設立し、そこで製作をすることには「ジブリという名前もなくお金やスタッフが集まるのか、またクオリティは維持できるのか」といった多くの不安が付きまとったという。そんな中『かぐや姫の物語』がアカデミー賞・長編アニメーション部門にノミネートされ、西村プロデューサーが現地アメリカに行き、各国のアニメクリエイターたちと会話をしたことにより「高畑(勲)さん、宮崎さん、鈴木さんたちが、子どもたちに喜びを伝える一方、しっかり責任を持って作るというポリシーを次の世代が受け継がなくてはいけない」と焦りが強くなり、新会社設立へ大きく気持ちが傾いた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2016年12月15日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ガンダムGのレコンギスタ」のニュース

次に読みたい関連記事「ガンダムGのレコンギスタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京喰種」のニュース

次に読みたい関連記事「東京喰種」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「いぬやしき」のニュース

次に読みたい関連記事「いぬやしき」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。