2000年前に再現可能!? ディズニーアニメ最新作のこだわり過ぎる“ファッション”

 ゴールデングローブ賞の最優秀長編アニメーション賞、最優秀主題歌賞にノミネートされているディズニー・アニメーションの最新作『モアナと伝説の海』。同作は主人公・モアナを赤ちゃんの頃から16歳の少女へと成長した姿を描く。その成長過程においてモアナは、7つのファッションを着こなしているのだが、その全ての服が、2000年前に実際に作ることができる素材や布、色を表現しているという作り手のこだわりが隠されていた。

【関連】ディズニーアニメーションのヒロインたち<フォト特集>

 大きな瞳に美しい花飾りが印象的なモアナだが、ベビー・モアナが着る赤いパンツや、子供の頃に着ている可愛らしいワンピース、16歳で海に大冒険に出る時に着る赤いトップスにロングスカートなど、南国の雰囲気たっぷりの可愛いファッションを身にまとっている。

 モアナファッションの華麗なる七変化は、見ているだけでも楽しいが、衣装デザインを担当したネイサ・ボーヴは、モアナが着る服を実際に2000年前に作ることが可能なもので制作された。例えば服の色は、黄色や赤、オレンジ、黒、茶色など、当時の染料でも作り出せる色にしている。中でもとくに“赤”の服が多く「赤は王を表し、気高さの象徴なんだ」と、海に選ばれ愛する島の人を救うモアナの運命を表現した。

 だが、さらにこだわったのは、服の生地。例えば古代ハワイ人の伝統技術で作る“タパ布”と呼ばれる樹皮から作られた布がある。現代では高い技術を要するため作ることがとても難しい布だが、モアナのトップスにはこのタパ布が使われている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク