ジェームズ・マカヴォイ、24の人格を持つ男に!シャマラン監督衝撃作『スプリット』

 M・ナイト・シャマラン監督の最新作『スプリット』が 5月12日に日本公開することが決定。本作では、主演のジェームズ・マカヴォイが、24の人格を持つ男を演じている。

【関連】「ジェームズ・マカヴォイ」フォトギャラリー

 物語は、女子高校生3人組が挙動不審の男に拉致されることから始まる。密室に閉じ込められた3人は、やがてこの男が“ひとり”ではないことを知る。神経質で潔癖症の青年デニスから、社交的で人懐っこいナイスガイのバリー、9歳の無邪気な少年ヘドウィグ、さらにはエレガントな女性パトリシア…。そう、彼は23もの人格を持つ男だったのだ。そして、驚くべき24番目の人格の発覚が、彼女たちを絶望に陥れる―。

 『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターや、『ダークナイト』のジョーカーにも匹敵する、新たなスーパー・ヴィランを演じるのは、『X‐MEN』シリーズのような大作から、『つぐない』などの文芸作まで、幅広いジャンルをこなす演技派ジェームズ・マカヴォイ。シャマラン監督作品に初出演を果たした彼は、万華鏡のように演じるキャラクターを変えていく、圧巻のパフォーマンスを披露している。

 プロデューサーのジェイソン・ブラム(『セッション』など)をはじめ、『ヴィジット』のスタッフを再招集した本作は、シャマラン監督史上、最も衝撃的なラストを導くとのこと。これまでに『シックス・センス』『アンブレイカブル』『サイン』を放ってきたシャマラン監督は、本作ではどんな結末を導くのか?公開に向けて期待が高まる。

 映画『スプリット』は5月12日に日本公開。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク