菅田将暉、父は芸能活動に大賛成!「僕よりも前に出るタイプ」

 俳優・菅田将暉が28日、都内で行われた映画『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶に松坂桃李、忽那汐里、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、平祐奈、兼重淳監督ともに登壇した。親の反対に屈せず音楽活動を続けてきた主人公の生き方にちなみ、芸能活動をすることに対して親はどう思っているのかという質問に、菅田は「うちの親父は大賛成で、どちらかというと僕よりも前に出るタイプ。バラエティ番組とかで昔の写真を頼まれると100枚ぐらい送っちゃう人なんです」と苦笑いを浮かべながら語った。

【関連】映画『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶 フォトギャラリー

 本作は、一切顔出しをしないという異色のボーカルグループ・GReeeeNの代表曲「キセキ」の誕生秘話を描いた青春ストーリー。厳格な父のもと、医者になることが必然と教え込まれてきたジンとヒデの兄弟が、さまざまな人との出会いにより、音楽プロデューサーとアーティストになるまでの道のりを描く。

 菅田と同じ質問をされた松坂は「うちの父親は厳しい人で、最初話をしたときは『ふざけるなバカ』って猛反対されましたね。いまはほんのり応援してくれていると思いますが……」と語ると「おふくろは応援してくれているのですが、この映画では『あんた格好つけるのやめなさい』って言われたんです」とこちらも苦笑いを浮かべていた。

 本日は、キャストたちが登壇する際、会場みなでで「キセキ」の合唱をするという演出がなされたが菅田は「『キセキ』のイントロ聴くと緊張する体質になっちゃったんですよね」と語ると、松坂も「本当に感動しますよね」と感無量な表情を浮かべていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク