「週刊少年マガジン」で1968年1月より連載開始され、単行本の累計発行部数2000万部を突破する、高森朝雄(梶原一騎)、ちばてつや原作の『あしたのジョー』が2018年で誕生から50周年を迎え、『あしたのジョー』を原案とした新たなオリジナルアニメーション『メガロボクス』が放送開始されることが発表した。

【関連】『劇場版 あしたのジョー2』&『劇場版 エースをねらえ!』フォトギャラリー

 『あしたのジョー』は、身寄りのない風来坊だった矢吹丈がボクシングと出会い、やがて運命のライバル・力石徹とともに、プロボクシングで己の生命を燃焼させていく物語。当時の日本人に大きな共感を巻き起こし、寺山修司、三島由紀夫、横尾忠則ら時代を牽引した知識人たちをも熱狂させた。

 今回新たに放送される『メガロボクス』は、八百長試合に身を沈めるボクサーが、運命に抗うために、自分の全てを駆けてリングで闘う姿を描く熱いオリジナルストーリー。放送に向けて解禁されたティザービジュアルには、舞台となる地下のリングに佇む主人公の姿が描かれている。

 監督・コンセプトデザインを務めるのはテレビアニメ『進撃の巨人』でビジュアルコンセプトを手掛けた森山洋。シリーズ構成・脚本には映画『続・深夜食堂』の共同脚本、真辺克彦、小嶋健作を起用。音楽は、国内外で活躍するアーティスト・mabanuaが担当。そして、アニメ『あしたのジョー2』で原作の世界観を魅力的に描いたトムス・エンタテインメントがアニメーション制作を手掛ける。