橋本祥平「僕らの“プリズムショー”を」 キンプリ舞台化は“ライブ感”を大事に

 劇場版『KING OF PRISM ‐PRIDE the HERO‐』の応援上映も話題を集める、プリズムスタァたちの活躍を描いた“キンプリ”シリーズが初の舞台化を果たし、11月に舞台『KING OF PRISM‐Over the Sunshine!‐』の上演がいよいよスタートする。多彩なキャラクターたちが登場する本作であるが、きらめくステージに憧れてプリズムショーへの道を歩き始める主人公・一条シン役の橋本祥平に、開演を間近に控えた心境を伺った。

【関連】「Anime Japan2017」コスプレ フォト特集

 本作は、歌やダンス、ジャンプなどのパフォーマンスでどれだけ観客を魅了できるかを競う「プリズムショー」でしのぎを削る男性キャラクターたちが登場する作品。4年に一度開催される「プリズムキングカップ」の出場を目指す男子“プリズムスタァ”たちの成長と輝きが描かれる。

 インタビュー時、開演を間近に控え「不安もいっぱい」と率直な心境を打ち明けてくれた橋本。9月20日に行われた舞台版キャスト参加の応援上映イベントでは「スクリーンへ声援を贈るお客さんたちの熱量を味わったんです。自分たちが演じることでみなさんを同じように熱くさせられるか、どう表現するかを試行錯誤しています」と話す。

 アニメ版をもとにした作品というのは、対比して観られるのも常であるが、本作においては劇場版と同じく鷹梁ミナトを演じる五十嵐雅が「“橋渡し役”としていてくれるので、とても心強いです」と語る。「劇場版アニメを外から見ている僕たちと、五十嵐さんのように実際に演じてらっしゃる方だとやはり作品への距離感も違うんです。世界観をより深く知るという上では、五十嵐さんのさりげない一言も僕らの支えになっています」。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク