スタジオポノック、8月に短編映画公開 『メアリ』米林宏昌らが参加

スタジオポノック、8月に短編映画公開 『メアリ』米林宏昌らが参加
『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』ビジュアル(C)2018 STUDIO PONOC
       
 2015年に設立されたアニメーション制作会社「スタジオポノック」の最新作『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』が8月24日に全国公開されることが27日、わかった。米林宏昌ら、ジブリ出身の監督による上映時間約15分の3作品を1本にまとめたもので、同スタジオが新設したレーベル「ポノック短編劇場」の作品として世に送り出す。

【写真】スタジオポノック新作プロジェクト発表会フォトギャラリー

 短編3本は現在、制作中。『メアリと魔女の花』(2017年7月公開)を手がけた米林監督は、カニの兄弟による冒険ファンタジー『カニーニとカニーノ』で自身初のオリジナルストーリーに挑む。高畑勲の右腕として活躍した百瀬義行の監督作品は、卵アレルギーを持つ少年とその母との感動の実話『サムライエッグ』。宮崎駿監督作品の中心を担ったアニメーター・山下明彦は『透明人間』という作品で監督を務め、見えない男の孤独の闘いを紡いでいく。

 なお、声優としてオダギリジョー、尾野真千子、田中泯が出演することが決定しているが、配役などは現時点で「発表できない」とした。また音楽が中田ヤスタカ、村松崇継が担当する。

 会見に登壇したスタジオポノックの西村義明プロデューサーは、ジブリの宮崎、高畑がこれまでアニメ業界に多大なる功績と影響を作り出したことを述べ、スタジオポノックは「このまま胡座をかいていいのか。前に進むために1つの挑戦しないといけない。短編アニメだからできる表現、価値あるものが生まれるのではないか。次なる1歩となるレーベルだ」と短編に挑む意味について明かした。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「曇天に笑う」のニュース

次に読みたい関連記事「曇天に笑う」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京喰種」のニュース

次に読みたい関連記事「東京喰種」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ガンダムGのレコンギスタ」のニュース

次に読みたい関連記事「ガンダムGのレコンギスタ」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月27日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。