木梨憲武、「ジジイで良かった」と“ジジイ”を連呼

 木梨憲武、佐藤健らが29日、TOHOシネマズ日比谷で開催された映画『いぬやしき』の完成披露試写会に登場。自身が演じた役柄に絡めて「ジジイ」を連呼し、会場を沸かせた。

【写真】木梨憲武、佐藤健、三吉彩花らが登場した完成披露試写会

 本作は、累計発行部数2000万部を超える人気コミック『GANTZ』の作者・奥浩哉が手がけた同名コミックを原作とする新感覚バーチャル映画。人智を超越した力を手に入れた初老の犬屋敷壱郎(木梨)と高校生・獅子神皓(佐藤)の壮絶な戦いを描く。

 主人公・犬屋敷役の木梨は、自身をあしらった巨大看板の中から颯爽と登場。自身の顔面からの登場は「恥ずかしいわ…めちゃくちゃ恥ずかしい。ほかに考えられなかったんですか?」と照れながらも、「自転車屋なのでつなぎで来ました」とマイペース。

 公開間近の心境を問われると、定年を間近に控えたサラリーマンという役柄に絡めて「本当にジジイで良かった。ジジイでなければ、ジジイ選抜の代表選手になれなかった。選抜選手に選ばれまして、本当に、ジジイで良かった」と“ジジイ”を連呼。撮影や監督とのやり取りを振り返って「CGの世界なんて僕なんか全く分からないので、佐藤君と一緒に、編集の現場を見に行ったりした。1年間待ちに待った、というのが今の気持ち」と話した。

 敵役として獅子神に扮する佐藤は「個人的には、自分の芝居に反省点があって恥ずかしい気持ちがある」と自分に厳しい姿勢を見せつつも、「そんなこと関係ないくらいVFXのレベルに衝撃を受けた。“
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク