スピルバーグ監督、13年ぶり来日 なりたいキャラは「ハローキティ」

 13年ぶりに来日したスティーヴン・スピルバーグ監督が18日都内で、映画『レディ・プレイヤー1』のジャパンプレミアに出席。約500名のファンとの交流を楽しみ、もしも同作に自身が出演するなら「ハローキティになって、最初のシーンでスッと通り過ぎる役をやってみたい」と茶目っ気を見せた。

【写真】映画『レディ・プレイヤー1』ジャパンプレミアフォトギャラリー

 『レディ・プレイヤー1』の舞台は、現在から27年後の近未来。人類がゴーグル1つで全ての夢が実現する「オアシス」に生きていたある日、オアシスの天才創設者から「オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」という遺言が発表され、壮絶な争奪戦が始まる。

 今回のイベントにはスピルバーグ監督、出演者のタイ・シェリダン、オリビア・クック、森崎ウィンが出席してファンとの交流を楽しんだ。

 スピルバーグ監督は本作に関して「私にとって非常にパーソナルな映画。ぜひ自ら日本へ来て紹介したいと思った」とほほ笑み、「日本のポップカルチャーのいろいろな要素が含まれている。ぜひともキャラクターたちやストーリーを楽しんでほしい」とアピール。

 13年ぶりの日本の感想を問われると「(環境など)いろいろ変わっているところはあると思うが、人々が本当に礼儀正しい。お互いに敬意を払う。この国はあまり皮肉が見受けられない。それが私の国とは違う。そしてこの作品は、私が作った映画の中でも一番皮肉っぽくない映画。日本には合っているのでは」と話した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク