『デジモンアドベンチャー』15周年を記念して、全6章で製作された『デジモンアドベンチャー tri.』がついに最終章を迎える。初代『デジモンアドベンチャー』シリーズの続編であり、高校生となったヤマトを演じてきた細谷佳正と、前作に続きガブモンを演じた山口眞弓。約2年半に渡り、“パートナー”を組んできた2人に、デジモンとの歩みと、忘れてはならない名曲「Butter‐Fry」を歌った亡き和田光司さんとのエピソードを聞いた。

【写真】細谷佳正×山口眞弓インタビューフォトギャラリー

 最終章『デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」』は、第5章で行方不明になった太一の姿はなく、ヤマトを中心に一致団結する選ばれし子どもたちの姿から始まる。彼らは、暴走したメイクーモンが変異した“ラグエルモン”と、八神ヒカリのパートナーデジモン・テイルモンが暗黒進化した“オファニモンフォールダウンモード”が合体したオルディネモンによって始まった世界の崩壊を止めるため、立ち向かう。目の前に迫る最後の決断。選ばれし子どもたちが自ら選んだ未来とは…。

 「私の思い出は、お台場で開催されたデジフェスで『デジモンアドベンチャー』の続編制作を発表したときから始まります。あのイベントでデジヴァイスの音を聞いたところから」と感慨深い様子で、最終章を迎えた現在の心境を語った山口。「あの時は、和田光司さんも出演されていて、生歌を披露したんです」と振り返る。「あれから無事に終わることができて、和田光司さんにも『終わったよ!』と伝えたいです。『Butter‐Fry』のおかげで(デジモンキャスト達と)再会することもできましたし、新しいキャストの方たちとも会うことができました」と笑みを浮かべた。