TVアニメ化が決定した『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』の追加キャストに明坂聡美羽多野渉ら5名が発表された。同作への出演について羽多野は「これは挑戦だと思いました」とコメントを寄せている。

【写真】「AnimeJapan 2018」コスプレ フォト特集

 『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』は、2004年から2008年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載されていた西義之の代表作。10年の時を経てアニメ化が決定した本作は、天才魔法律家の六氷透(ムヒョ)と泣き虫助手の草野次郎(ロージー)が、人と人外の理を律する「魔法律」を駆使して罪深き霊を裁く、大人気ダークファンタジー。

 本作には既に村瀬歩(ムヒョ役)、林勇(ロージー役)、神谷浩史(エンチュー役)、柿原徹也(ヨイチ役)の出演が発表されている。そして今回、明坂、羽多野を始め、河村梨恵、斎賀みつき野水伊織の出演が明らかになった。

 ビコの師匠でカリスマ魔具師、黒鳥理緒(リオ)を演じる明坂は「独特の世界観、恐ろしいけど読み進めてしまうあの感覚を、アニメでも是非楽しんでいただきたいです」と自身も作品のファンであることを明かした。また、明坂と同じく学生時代から本作のファンだったと語る、ムヒョの昔の同級生で魔具師、我孫子優(ビコ)を演じる河村は「心優しくて、繊細だけどとても芯が強いビコ。そんなビコの魅力を最大限に引き出せるよう、精一杯演じさせていただきます!」と熱弁している。