『義母と娘のブルース』娘役に上白石萌歌&ウーマン村本が連ドラ初出演

『義母と娘のブルース』娘役に上白石萌歌&ウーマン村本が連ドラ初出演
『義母と娘のブルース』に出演する上白石萌歌(C)TBS
 綾瀬はるかと竹野内豊が夫婦役で共演する7月スタートのドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)に、上白石萌歌と、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)の出演が決定。綾瀬演じる義母の娘・みゆきを演じる上白石は「繊細な心の揺れを役と一緒に感じ、成長していきたいです」と語っている。

【写真】『義母と娘のブルース』ポスタービジュアル&村本大輔の役ビジュアル

 本作は、桜沢鈴による同名4コマ漫画を原作に、バリバリのキャリアウーマンであるヒロインの岩木亜希子(綾瀬)が、娘を持つ宮本良一(竹野内)からプロポーズされ結婚し、母親になろうと奔走する姿を描くホームドラマ。

 TBS連続ドラマ初登場となる上白石は、綾瀬演じる義母の娘で、高校生に成長した宮本みゆきを演じる。ドラマは、高校生に成長したみゆきの目線で進行し、物語は上白石のナレーションによって紡がれていく。

 重要な役柄を演じることになった上白石は、本作について「透明感を帯びていながらどこか哀愁漂う“ブルース”という響きが素敵なタイトルに惹かれました」とコメント。また自身が演じるみゆきについて「みゆきは一見穏やかで飄々としていますが、秘めた強さを持っている女の子です」と解説。続けて「幼い頃から大きな岐路に立たされ、なかなか受け入れ難い現実と向き合っていく姿には胸を打たれます」と語っている。

 また連続ドラマ初レギュラーとなる村本は、綾瀬演じる亜希子の部下・前原大輔を演じる。村本は初の連続ドラマ出演について「最初は、めちゃくちゃ表情も硬く、綾瀬はるかさんのような美人を目の前にすると余計に緊張してしまいましたね」と明かすと、「僕がこのドラマに出ることで、ドラマの好感度が下がるのではと心配です(笑)」と話した。

 この度、本ドラマのポスタービジュアルが公開された。ドラマのワンシーンを切り取り、義母と娘の戦いの序章ともいえるビジュアルとなっている。また、亜希子が手にしている“名刺”にはある仕掛けが隠されているとのこと。詳細は追って明かされるという。

 ドラマ『義母と娘のブルース』は、TBS系にて7月10日より毎週火曜22時放送。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。