吉川晃司、『下町ロケット』新シリーズに財前部長役で続投決定

吉川晃司、『下町ロケット』新シリーズに財前部長役で続投決定
日曜劇場『下町ロケット』に出演する吉川晃司(C)TBS
 俳優の阿部寛が主演を務め、10月より放送されるドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)に、前シリーズに続き吉川晃司の出演が決定。吉川は阿部演じる主人公・佃航平の盟友・財前道生役を演じる。

【写真】スーツできめる吉川晃司

 本作は、2015年に放送され人気を博したドラマの新シリーズ。佃(阿部)が社長を務める町工場「佃製作所」が、主力商品となっているロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告など、次々と絶体絶命のピンチに陥る中、新たな挑戦を始める姿を描く。主演の阿部に加え、立川談春、安田顕、土屋太鳳、竹内涼真らの続投が発表されていた。

 吉川演じる財前は、帝国重工宇宙航空開発部の部長として、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を先頭に立って推し進め、実現させてきた。しかし一転、今作では様々な障壁に阻まれ、岐路に立たされる…。

 前作で圧倒的な存在感を放った財前を再び演じる吉川は「財前部長は、常に真っ直ぐにして華やかなキャラクターですから、『蘭心竹生(蘭のような華やかな心を持って竹のようにまっすぐに生きる)』を旨に、いっそうしなやかであれ。と」とコメント。

 同ドラマの伊與田英徳プロデューサーは「『下町ロケット』シリーズは、吉川さん演じる財前なしには始まりません」と語ると、続けて「シリーズ開始早々から様々な壁に阻まれ、窮地に立たされる財前ですが、吉川さんにどのように演じていただけるのか、とても楽しみです」と話している。

 日曜劇場『下町ロケット』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る
「吉川晃司、『下町ロケット』新シリーズに財前部長役で続投決定」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    引っ張ったねー。被災地支援で忙しかったからかな?

    2
  • 匿名さん 通報

    どんなドラマが展開されるのか楽しみだ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。