二階堂ふみの遊女姿に「美しすぎる」の声 『この世界の片隅に』第6話

二階堂ふみの遊女姿に「美しすぎる」の声  『この世界の片隅に』第6話
二階堂ふみ クランクイン!
 女優の松本穂香が主演を務めるドラマ『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)の第6話が19日に放送され、二階堂ふみ演じる遊女の姿に視聴者から「絵になりすぎる」「美しすぎる」などの声がSNSに殺到した。

【写真】二階堂の美しい遊女姿

 昭和20年の春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の影は日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家では、こんなご時勢だからと花見が企画される。北條家一行は、大勢の市民と共に桜を楽しむ。そんな中、すず(松本)は人混みの中にリン(二階堂)を見つける。

 花見から数日後のある日、ラジオから工場が爆撃されたというニュースが。その工場には円太郎(田口トモロヲ)が勤めていた。帰宅した周作によると工場の被害は“壊滅的”だという。さらに文官だった周作が武官になり、教練のため3ヵ月ほど家に帰れないという…。

 一家で花見に訪れたすずは、同じく花見に来ていたリンと遭遇。赤紫色の着物に身を包み、桜の木の下でたたずむリンの姿が映し出されると視聴者からは「儚げなリンさん 絵になりすぎる」「美しすぎる」「リンさんの、この尋常でないフェロモン...すげぇ」などの声がSNSに殺到。すずはリンに促されて、二人して木の上で話をすることに。二人が木の上で言葉を交わすシーンにネット上は「リンすずイイね!」「桜の木の上のすずさんとリンさん、美しい場面だな」などのツイートも寄せられた。

 円太郎が勤める工場が爆撃され、安否不明の状態に心配が募る北條家。不安げな表情のすずに対して、周作は背後から彼女の頭をなで、抱きしめる。このシーンにネット上は「周作さんの色気がただ事じゃない」「何あれ!好きじゃ!」などの意見がネット上にあふれた。

あわせて読みたい

記事提供社から

「二階堂ふみの遊女姿に「美しすぎる」の声 『この世界の片隅に』第6話」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    自民党の馬鹿議員が何かといえば「日本の伝統」と口走るが、人身売買や、売春しないと餓死する状態に女性を追い込んで来たのが我が国数千年の恥ずかしい歴史。勉強しろ阿呆。

    6
  • 匿名さん 通報

    こいつは恐ろしい女優さん。過去の女優陣を一掃した。

    5
  • 匿名さん 通報

    ドラマと関係ないコメントをしている馬鹿、舌噛んで紙ね❗

    2
  • 匿名さん 通報

    見た見た!情緒あって憂いがあって役合ってる。あと花見で周作とすれ違う時の笑みとか表情とか…ほんといい女優さん

    1
  • 匿名さん 通報

    遊女の話をしてるのに「ドラマと関係ない」としか捉えられない、トンマなコメント。 日本語読解できるのか?カス。

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。