『西郷どん』第38回、突然の明治政府誕生に大反響「もうできちゃった」

『西郷どん』第38回、突然の明治政府誕生に大反響「もうできちゃった」
『西郷どん』主演の鈴木亮平 クランクイン!
       
 NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の38話「傷だらけの維新」が14日に放送され、戊辰戦争の終や明治政府の誕生が駆け足で描かれたことにSNS上では驚きの声が上がっている。

【写真】帰郷、戊辰戦争、弟の死…『西郷どん』第38話フォトギャラリー

 江戸城の無血開城を成し遂げた吉之助(鈴木亮平)。しかし、新政府に不満を持つ勢力が「彰義隊」を結成し徹底抗戦の構えを見せる。新政府軍は、大村益次郎(林家正蔵)の軍略に従って彼らをわずか半日で鎮圧する。

 それでもなお、東北や北越の諸藩が新政府軍に対する抵抗を強めていた。このままでは戦に負けると案じた大村から薩摩の援軍を頼まれた吉之助は、急ぎ郷里に戻る。

 その薩摩では吉之助の名は広くとどろき、西郷家には遠い親戚や古い友を名乗る有象無象が金の無心に来ていることが発覚。しかも次男・吉二郎(渡部豪太)がそれらを受け入れ、工面していることも判明する。人の良さに呆れられる吉二郎だったが、彼は「おいも、戦働きがしたか」と吉之助に懇願し、一足先に越後の戦いへと出向く。

 吉二郎は初参加した戦地で銃弾に撃たれ、弟・信吾(錦戸亮)らの必死の看病虚しく命を引き取る。そして、吉之助の腕に抱かれて眠る間に、こんなナレーションが入った。「この後も、会津、庄内、そして函館と戊辰の戦は続きました。そんな中、日本は明治へと新しく生まれ変わり……」。

 戊辰戦争がいつの間にか終わり、時代が明治になったことにSNS上では、「あれ!?戊辰戦争終わり!?」「戊辰戦争完全ぶっとばしコース?」「明治政府がもうできちゃったよ」「西郷どんにチャンネル戻したら 明治になってんだけど……? 」など高速展開に反響が寄せられていた。

 次回からいよいよ本格的に明治に突入する本作。予告に映っていた信吾(のちの従道)のヒゲ姿や、これまでナレーションを務めてきた西田敏行がキャストとして登場して発した「父は島でした」というセリフに注目が集まっていた。

あわせて読みたい

鈴木亮平のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『西郷どん』第38回、突然の明治政府誕生に大反響「もうできちゃった」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    このドラマ、肝心なところを端折る傾向にある。逆にどうでもいいところをだらだら引き延ばす。

    1
  • 匿名さん 通報

    頑張ってみてたけど、付いて行けなくなった。

    1
この記事にコメントする

「鈴木亮平 + ブログ」のおすすめ記事

「鈴木亮平 + ブログ」のおすすめ記事をもっと見る

「鈴木亮平 + Instagram」のおすすめ記事

「鈴木亮平 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野村周平」のニュース

次に読みたい関連記事「野村周平」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月15日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 鈴木亮平 Instagram
  2. 鈴木亮平 ドラマ
  3. 鈴木亮平 ブログ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。