「最も人気の映画2018」 1位『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

 世界最大級の映画データベースサイトIMDbが、2018年に最もアクセス数の多かった人気映画トップ10を発表。マーベル・ヒーローが集結する人気『アベンジャーズ』シリーズ第3弾『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、1位に輝いた。

【写真】「最も人気の映画2018」トップ10フォトギャラリー

 同ランキングは月間ユニークユーザー数2億5000万人以上を誇るIMDbが、毎週更新されるIMDbProの映画メーター・チャートをベースに集計している。2018年にアメリカ国内で公開された映画が対象になる。

 1位の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は現地時間4月28日に全米公開され、世界興行収入約20億4800万ドル(約2299億840万円)を記録。驚きの展開で観客をあっと驚かせ、2019年4月に全米公開予定の第4弾へと続いている。

 2位は北米興行収入では『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜き、2018年のトップに就いている同じマーベル映画『ブラックパンサー』。同作は2018年にGoogleで最も検索された映画だ。

 トップ10入りしているのは、2018年の北米興行収入の上位に入る作品ばかり。10位には日本でも大ヒットした英ロックバンド、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』がランクインした。10作品中、8作品がアクション大作で、中でもマーベル映画が4作入った。

 IMDb発表、「2018年の映画トップ10」は以下の通り。
1位 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
2位 『ブラックパンサー』
3位 『デッドプール2』
4位 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
5位 『MEG ザ・モンスター』
6位 『ヴェノム
7位 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
8位 『レディ・プレイヤー1』
9位 『インクレディブル・ファミリー』
10位 『ボヘミアン・ラプソディ』
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アベンジャーズ」に関する記事

「アベンジャーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アベンジャーズ」の記事

次に読みたい「アベンジャーズ」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク