米アカデミー賞、日本勢『万引き家族』と『未来のミライ』がノミネート

記事まとめ

  • 米映画芸術科学アカデミーが現地時間22日、第91回アカデミー賞のノミネーションを発表した。
  • 日本勢では『万引き家族』が外国語映画賞に、『未来のミライ』が長編アニメ映画賞にノミネートされた。
  • 授賞式は日本時間2月25日に米ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される。
 米映画芸術科学アカデミーが現地時間22日、第91回アカデミー賞のノミネーションを発表。アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』と、ヨルゴス・ランティモス監督の『女王陛下のお気に入り』が、最多10ノミネートを獲得した。日本勢では、是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞に、細田守監督の長編アニメ『未来のミライ』が長編アニメ映画賞にノミネートされた。

【写真】「第91回アカデミー賞」ノミネート主要部門フォトギャラリー

 メキシコの中流家庭の家族と、その一家に仕える若い家政婦の関係を描くキュアロン監督作『ROMA/ローマ』は、作品賞、主演女優賞、監督賞、助演女優賞を含む10部門にノミネート。本作は、劇場未公開のNetflix作品であると共に外国映画賞にもノミネートされており、作品賞とのダブル受賞という快挙になるのか、さまざまな意味で注目される。

 同じく作品賞、主演女優賞、監督賞、助演女優賞などを含む最多10ノミネートのヨルゴス・ランティモス監督作『女王陛下のお気に入り』。アン王女が統治する18世紀イングランドを舞台に、宮廷の女たちの野望と争いを描く。

 また、作品賞には初めてスーパーヒーロー映画である『ブラックパンサー』がノミネート。日本でも話題のレディー・ガガ主演『アリー/ スター誕生』は作品賞、主演男優賞、主演女優賞など8部門でノミネート、“クイーン”のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の人生を描く『
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「万引き家族」に関する記事

「万引き家族」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「万引き家族」の記事

次に読みたい「万引き家族」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク