エミリー・ブラント「もう一度戻って来たい」… 『メリー・ポピンズ』“ロス”を告白

 往年の名作『メリー・ポピンズ』から実に55年の時を経て、待望の続編『メリー・ポピンズ リターンズ』がいよいよ2月1日より公開される。ジュリー・アンドリュースから新たにメリー・ポピンズ役を受け継いだ女優のエミリー・ブラントは、「プレッシャーは大きかったけれど、クランクアップの日は悲しい気持ちでいっぱいになった」とロス状態だったことを告白。本作へのあふれる思いを愛情たっぷりに振り返った。

【写真】エミリー・ブラント、『メリー・ポピンズ リターンズ』インタビューフォト

●オファーを受けたとき“恐怖”を感じた

 子どものころ、ディズニー映画は「特別な存在だった」というエミリー。「最初に観た作品は、確か『王様の剣』。その次が『ライオン・キング』だったかしら。それ以降、ディズニー映画の大ファンになり、もちろん『メリー・ポピンズ』も何度も観ていて、まるで魔法にかかったような感銘を受けたのを覚えているわ。ディズニー映画は素敵な冒険に連れ出してくれるけれど、その中心には深いテーマがあり、子供たちがそれを感じる力を決して見くびっていないところが素晴らしい」と絶賛。そんなエミリーにメリー・ポピンズ役のオファーが届いたときは、「ある種の恐怖を感じたわ。人々の記憶に染み込んでいるキャラクターをどう演じれば受け入れてくれるのか…それが何よりも不安だった」と述懐する。

 そして悩んだ末にエミリーは、ジュリーのモノマネにならないよう、「前作を一切見返さない」という方法を取り、原作をしっかり読み直して、「自分にしかできない“メリー・ポピンズ像”を模索する」道を選んだ。凛とした美しさの中に、時おり見せる母性的な優しさ…二面性をより明確に表現したエミリーならではのアプローチは、ジュリーとはまた違った魅力を放ち、メリー・ポピンズに新たな命を吹き込んでいる。ロブ・マーシャル監督は、早くも続編製作に意欲的なコメントを出しているが、エミリー自身も、「彼女を演じ終えた後、別れるのがとても悲しかった。できることなら、もう一度戻って来たい」と本音を漏らしている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メリー・ポピンズ」に関する記事

「メリー・ポピンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メリー・ポピンズ」の記事

次に読みたい「メリー・ポピンズ」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク