黒人刑事が白人至上主義団体に潜入『ブラック・クランズマン』本予告

 第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、第91回アカデミー賞で6部門にノミネートされたスパイク・リー監督の最新作『ブラック・クランズマン』より、白人と黒人の間の緊張をユーモラスに描いた本予告映像が解禁された。

【写真】父はデンゼル・ワシントン「ジョン・デヴィッド・ワシントン」フォトギャラリー

 本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明につづった同名ノンフィクション小説を、リー監督が映画化したもの。名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントンが主役のロン・ストールワース役を、『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レンに扮したアダム・ドライバーがロンの相棒の白人刑事フリップ・ジマーマン役を演じる。

 1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロン。捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に電話をかけ、黒人でありながら徹底的に黒人差別発言を繰り返した結果、入会の面接まで進んでしまう。そこで電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、2人1役をこなすこととなる。任務はKKKの内部調査と行動を見張ること。型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を果たして成し遂げることができるのか…。

 解禁された本予告映像では、ロンが電話口のKKKメンバーに向かって、「俺は黒人が嫌いだ」と断言し、署内の人間をあぜんとさせる場面からスタート。白人至上主義者を装ってKKKに潜入したフリップに対し、過激派構成員フェリックス(ヤスペル・ペーコネン)が「お前 潜入か?」と疑いの目を向ける場面や、KKKのメンバーたちが「ホワイト・パワー!」、黒人の一団から成るブラックパンサー党の党員たちが「ブラック・パワー!」と拳を力強く掲げるシーンも描かれる。コミカルかつ軽快なタッチで潜入捜査を描きながらも、時に実話である緊張感を交えた映像となっている。

 また、本ビジュアル画像では、真剣な顔をみせるロンとフリップ、その背後にたたずむKKKの象徴である三角白頭巾を大きくピックアップ。史上最も危険な潜入捜査の波乱を予感させるビジュアルとなっている。

 映画『ブラック・クランズマン』は3月22日より全国公開。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

デンゼル・ワシントンのプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「デンゼル・ワシントン」に関する記事

「デンゼル・ワシントン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「デンゼル・ワシントン」の記事

次に読みたい「デンゼル・ワシントン」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク