水田わさび、ドラえもんとの14年 年を重ねて気付いた責任の大きさ

水田わさび、ドラえもんとの14年 年を重ねて気付いた責任の大きさ
『映画ドラえもん のび太の月面探査記』水田わさびインタビューカット クランクイン!
 国民的アニメの映画シリーズ最新作『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が3月1日から公開される。ドラえもんの大ファンという直木賞作家・辻村深月が脚本を担当。声を演じる水田わさびは、辻村が描く本作を「(原作者の)藤子・F・不二雄先生の要素が全て分かりやすく組み込まれている」と太鼓判を押す。水田に本作の魅力、そして声を担当して14年目を迎えたドラえもんへの思いを語ってもらった。

【写真】『映画ドラえもん のび太の月面探査記』水田わさびインタビューカット&場面写真

 月を舞台に、ドラえもんやのび太らが謎の転校生ルカや、エスパルという不思議な力を持つ子どもたちと出会い、冒険を繰り広げる本作。もともと辻村の小説を愛読していたという水田は、脚本を読んだときに「ゲストキャラの登場の仕方が新鮮だった」という。「通常だとのび太くんの部屋に何かの拍子でやってくることが多いんですが、今回はルカが転校生として学校にやってくる。辻村先生の作品は学校ものが多いので、“辻村あるある”を感じた部分です」と語る。

 そんな辻村の脚本について、水田が一番強く感じたというのが「藤子先生の『映画ドラえもん』だ」ということ。「藤子先生の要素がかなり多いんです。藤子先生の作品には絶対うそのない科学の説明があるのですが、それがちゃんとあります。そして、冒険での出会い、挫折から結束し、仲間を意識して、助けて戦って、そして別れがある。藤子先生の『映画ドラえもん』の要素が、全て分かりやすく組み込まれています」と絶賛する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラえもん アニメ
  2. ドラえもん 星野源
  3. ドラえもん 映画
クランクイン!の記事をもっと見る 2019年2月24日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラえもん + アニメ」のおすすめ記事

「ドラえもん + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラえもん + 映画」のおすすめ記事

「ドラえもん + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北斗の拳」のニュース

次に読みたい関連記事「北斗の拳」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら