『映画ドラえもん』首位発進! アカデミー作品賞『グリーンブック』は3位スタート

『映画ドラえもん』首位発進! アカデミー作品賞『グリーンブック』は3位スタート
3月2日~3月3日全国映画動員ランキング1位:『ドラえもん のび太の月面探査記』(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019
 3月2~3日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、シリーズ第39弾となる『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が、初週土日動員58万6000人、興収6億9600万円をあげ、初登場1位に輝いた。初日からの3日間では動員64万5000人、興収7億5700万円を突破する好スタートを切った。

【写真】写真で見る「3月2日~3月3日全国映画動員ランキング」

 先週の首位からワンランクダウンしたものの『翔んで埼玉』が、週末土日動員20万5000人、興収2億8100万円をあげ2位。動員、興収ともにオープニング週を上回る数字を記録するなど、旋風を巻き起こしている。配給の東映によれば、興収30億円が狙えるという。

 3位は、先日発表された第91回アカデミー賞で作品賞を含む3部門を受賞した『グリーンブック』。初週土日動員15万4000人、興収2億円をあげ、初日からの3日間では動員23万4000人、興収2億9000万円を突破している。

 4位は先週3位だった『僕の彼女は魔法使い』、5位は先週2位だった『アリータ:バトル・エンジェル』がランクイン。公開17週目を迎えた『ボヘミアン・ラプソディ』は、アカデミー賞主演男優賞(ラミ・マレック)を含む4冠を達成し、9位から7位に順位を上げた。累計では、動員879万人、興収121億5000万円を突破し『風立ちぬ』を抜き歴代興収ランキング19位となった。

 惜しくもランク外となったが、高橋一生と川口春奈がダブル主演を果たした『9月の恋と出会うまで』は11位という結果だった。

 3月2日~3月3日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:映画ドラえもん のび太の月面探査記
第2位:翔んで埼玉
第3位:グリーンブック
第4位:僕の彼女は魔法使い
第5位:アリータ:バトル・エンジェル
第6位:フォルトゥナの瞳
第7位:ボヘミアン・ラプソディ
第8位:マスカレード・ホテル
第9位:劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>
第10位:アクアマン

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「グリーンブック + 映画」のおすすめ記事

「グリーンブック + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月5日の映画記事

キーワード一覧

  1. グリーンブック 新宿
  2. グリーンブック 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。