『まんぷく』タカちゃんで全国区に  岸井ゆきの“売れっ子女優”の理由とは?

『まんぷく』タカちゃんで全国区に  岸井ゆきの“売れっ子女優”の理由とは?
映画にドラマに出演が続く女優・岸井ゆきの クランクイン!
 NHK連続テレビ小説『まんぷく』のタカちゃん役で親しまれ、その名を全国に広めた岸井ゆきの(27)。同ドラマでヒロイン・福子を演じた、所属事務所(ユマニテ)の先輩・安藤サクラの大きな背中を追いながら、近年、女優として急成長を遂げている。どこにでもいそうで、どこにもいない、唯一無二の不思議な存在感。彼女の“人を惹(ひ)きつけてやまない魅力”は、いったいどこから生まれてくるのだろうか?

【写真】小柄な体にキュートな表情 岸井ゆきのフォト集

 2009年、志田未来らが出演したドラマ『小公女セイラ』(TBS系)で女優デビューを果たした岸井は、その後、数々の映画、ドラマ、舞台で実力を磨き、2016年、『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)では松本潤演じる主人公・深山大翔に思いを寄せる自称シンガーソングライター・加奈子を好演。同年、NHK大河ドラマ『真田丸』では堺雅人演じる主人公・真田信繁の側室となる豊臣秀次の娘・たか役に抜てきされ、一躍注目を浴びる。

 2017年には『おじいちゃん、死んじゃったって。』で長編映画初主演を務め、『まんぷく』が始まった2018年には、『99.9 -刑事専門弁護士‐ SEASON II』(TBS系)、『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』(フジテレビ系)、さらに映画『ここは退屈迎えに来て』など、立て続けに話題作に出演し、次世代を担う演技派女優として、その名を全国に知らしめた。今年もその勢いは止まらず、『大奥 最終章』(フジテレビ系)、『名探偵・明智小五郎』(

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年4月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。