中村優一が“響鬼”に!? 『仮面ライダージオウ』響鬼編スタート

 平成仮面ライダーシリーズ最終作『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系/毎週日曜9時)では、平成から令和への変わり目となる第33話(4月28日)と第34話(5月5日)に、シリーズ第6作『仮面ライダー響鬼』(2005年1月~2006年1月)で仮面ライダー響鬼/ヒビキの弟子となった桐矢京介役の中村優一と、仮面ライダー轟鬼/トドロキ役の川口真五が友情出演。それぞれ当時の役を演じ、シリーズ中でも異色だった楽器を使う“音撃戦士”たちが復活する。

【写真】『仮面ライダージオウ』に中村優一&川口真五が出演

 未来の自分=“最凶最悪の魔王”オーマジオウと肩を並べようとするソウゴ(奥野壮)と、そんな彼を支援するゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)。一方、オーマジオウが支配する世界ではない違う未来を構築しようと平成仮面ライダーのライドウォッチを狙うスウォルツ(兼崎健太郎)、ウール(板垣李光人)、オーラ(紺野彩夏)のタイムジャッカーたち。そんな2組の戦いの中に現れるのが、京介(中村)とトドロキ(川口)だ。

 かつて「鬼になりたい」と言っていた小学校の同級生がいたことを思い出したソウゴは、彼の師匠がヒビキという鬼=仮面ライダー響鬼であることを知り、ゲイツと共に彼を訪ねることに。そこへ突如アナザー響鬼に襲われ、二人は迎え撃つが、響鬼ライドウォッチを持たない二人はアナザー響鬼に苦戦。そんな二人を救うのが、古代から続く力で人々を守る鬼・トドロキ。トドロキは仮面ライダー轟鬼に変身、アナザー響鬼を追い詰めるが…。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

奥野壮のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「奥野壮」に関する記事

「奥野壮」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「奥野壮」の記事

次に読みたい「奥野壮」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク