不気味で狂気的な“悪”の誕生 『ジョーカー』日米同日公開決定&特報解禁

不気味で狂気的な“悪”の誕生 『ジョーカー』日米同日公開決定&特報解禁
『ジョーカー』ポスタービジュアル(C) 2019 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved” “TM &(C) DC Comics”
 DCコミックス『バットマン』シリーズの悪役ジョーカーの誕生秘話を描く映画『ジョーカー』の日本公開日が、米国と同じ10月4日に決定。併せて特報とポスタービジュアルが公開された。特報映像では「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」という印象的なせりふとともに、俳優のホアキン・フェニックスが演じる孤独な男アーサー・フレックが狂気のジョーカーへと変貌を遂げていく姿が捉えられている。

【写真】「ホアキン・フェニックス」フォトギャラリー

 本作は、のちにゴッサムシティの悪・ジョーカーとなる男アーサーがいかにして悪の道に進んでいったかを描く。これまでジャック・ニコルソン(『バットマン』)、ヒース・レジャー(『ダークナイト』)、ジャレッド・レト(『スーサイド・スクワッド』)ら数々の名優たちが演じてきたジョーカー役を、3度のアカデミー賞ノミネート実績を持つホアキンが演じる。また、『レイジング・ブル』でアカデミー主演男優賞を受賞した名優ロバート・デ・ニーロが共演。監督は『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。

 「どんな時も笑顔で」そして「人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きていたアーサー。特報は、ピエロの格好をした彼が地下鉄の車内で1人、まるで精神が崩壊してしまったかのように突如大爆笑するインパクトたっぷりのシーンからスタートする。ジョークで世界に笑いを届けるはずだった彼に一体何が起きたのか。映像の最後は、緑色の髪に白い肌、口が裂けたかのようなピエロのメイクで不気味なジョーカーとなったアーサーの姿で幕が降りる。「笑いの仮面をかぶれ」というコピーと共に、映像の中の唯一のせりふ「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」の言葉に彼の悲しい思いが象徴され、見る者をゾクゾクさせる内容となっている。

 映画『ジョーカー』は日米同日の10月4日より全国公開。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年5月10日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウルヴァリン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウルヴァリン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アイアンマン」のニュース

次に読みたい関連記事「アイアンマン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。