加護亜依、東京は「夢が叶う場所」 今後の 「W」は「やっていけたらいいですね」

加護亜依、東京は「夢が叶う場所」 今後の 「W」は「やっていけたらいいですね」
加護亜依、KISS,TOKYO スペシャルトークイベントに登壇 クランクイン!
 タレントの加護亜依が18日、都内で行われた「KISS,TOKYO」スペシャルトークイベントに出席。12歳のときに「モーニング娘。」のオーディションに合格してから19年間過ごしている東京への思いを語った。

【写真】加護亜依、ショートパンツで美脚披露「KISS,TOKYO」スペシャルトークイベントの様子

 「KISS,TOKYO」は「東京が好き!」というメッセージをアイコンで示し、ムーブメントを生み出すプロジェクト。アートディレクターを務める千原徹也とトークショーを行った加護は、「東京にはもう19年ぐらいいます。いろいろな人がいて、いろいろな人の気持ちが集まる場所。とても魅力的だけれど、もまれる場所でもありました」としみじみ語ると「それでも夢が叶う場所でもあります」と笑顔を見せた。

 SHIBUYA109とKISS,TOKYOがコラボしたTシャツの発売を記念したイベント。現在31歳の加護は「人生の半分以上を東京で過ごしていますが、若いころは(「モーニング娘。」の)メンバーたちと109に買い物に来ていました」と懐かしそうに話す。さらに、今年3月の「Hello!Project ひなフェス2019」では辻希美と「W(ダブルユー)」が復活したことを千原から触れられると「1日だけでしたけれど楽しかったです。13年ぶりですかね。やっぱり東京は夢がかなう場所です。(辻とは)すごく仲がいいです。まだまったく予定はないのですが、お互いお母さんになって……これからもまたやっていけたらいいですね」と笑顔で語っていた。

 今後について「エンタメを極めていきたい」と語った加護。いろいろなジャンルの仕事にも積極的にチャレンジしつつ「どの仕事も“加護亜依”を意識したい」としっかりと自分を持ち、個性的であることを大切にしたいと述べると「私が尊敬するのはシルク・ドゥ・ソレイユ。言葉がなくても伝えられるような存在になりたい」と究極の目標を語っていた。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年5月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。