『わたし、定時で帰ります。』向井理、吉高由里子への“おんぶ”に「最高すぎた」の声

『わたし、定時で帰ります。』向井理、吉高由里子への“おんぶ”に「最高すぎた」の声
『わたし、定時で帰ります。』に出演する向井理、吉高由里子 クランクイン!
 女優の吉高由里子が主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第8話が4日放送。巧(中丸雄一)とケンカをしてしまいヤケ酒で酔っぱらう結衣(吉高)に、種田(向井理)が起こした行動が「最高すぎた」「リアルの世界に種田さんいないかなぁ」と、視聴者から絶賛されている。

【写真】向井理が吉高由里子の手をつかみ、おんぶ! 『わたし、定時で帰ります。』第8話フォトギャラリー

 福永(ユースケ・サンタマリア)の昔のクライアントで、現在の予算では赤字必至である「星印」の案件が、厳しい社内審査をなぜか通ってしまう。ディレクターには賤ケ岳(内田有紀)が任命され、残業を免れない厳しい予算とスケジュールの中、制作4部のメンバーは作業を進めるが、皆は福永に対する不信感を拭えずにいた。結衣はなぜ審査が通ったのか管理部を問い詰めるも、上からの圧力があったことが明かされ「赤字はダメだ」と言い返されてしまう。

 一方、同棲を開始した結衣と巧の関係は一見順調に見えたが、巧は先日種田が酔って放った「(結衣のことを)今でも好きですよ」という言葉が忘れられない。加えて自分が聞かされていない結衣の過去があったことを知ると、八つ当たりのように「結衣ちゃんが仕事続けるのって種田さんと働きたいから!?」と言い放つ。そんな巧に結衣は失望し、行きつけの上海飯店でヤケ酒をあおっていた。

 見事な酩酊状態となった結衣の元に現れたのは、巧ではなく種田だった。いつになく酔っている結衣を心配し、きちんと帰れるか、家の住所は言えるかと尋ねるがまともな返答が帰ってこない。種田はそんな結衣の手を握り、どこか切なそうに彼女を見つめた後「乗れ」としゃがみこむ。そして結衣を背負ったまま、笑顔の入り混じった複雑な表情で会社へ向かうのだった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 向井理 ドラマ
  2. 向井理 国仲涼子
  3. 向井理 映画
向井理のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る 2019年6月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「向井理 + 映画」のおすすめ記事

「向井理 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「向井理 + ドラマ」のおすすめ記事

「向井理 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松田翔太」のニュース

次に読みたい関連記事「松田翔太」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。