『べしゃり暮らし』、原作人気キャラ“デジタルきんぎょ”に駿河太郎&尾上寛之

『べしゃり暮らし』、原作人気キャラ“デジタルきんぎょ”に駿河太郎&尾上寛之
(左から)土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する駿河太郎、尾上寛之(C)森田まさのり・スタジオヒットマン/集英社 (C)テレビ朝日
 俳優の間宮祥太朗が主演を務め、共演の渡辺大知と漫才コンビを演じる7月スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)より、原作でも人気のキャラクター、プロ漫才コンビ「デジタルきんぎょ」役を俳優の駿河太郎と尾上寛之が務めることが発表された。ボケ担当の金本浩史を駿河、ツッコミ担当の藤川則夫を尾上が演じる。

【写真】金本浩史役を演じる駿河太郎

 人気漫画家・森田まさのりが「僕の最高傑作」と自負する同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇。人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤と運命の出会いを果たすところから始まり、やがて圭右は辻本と漫才コンビを結成し、厳しい漫才の道へと踏み出していく。間宮が主人公・圭右役、渡辺が相方の潤役で初共演する。

 「デジタルきんぎょ」は実力、人気ともに若手トップクラスで、主人公・圭右や辻本にも大きな影響を与える非常に重要な登場人物。仕事ではコンビを組みながら、プライベートでは確執を抱えるという複雑な関係でもある。

 ボケの金本を演じる駿河は、役どころについて、「金本は、愛のある人です。でも第一印象が恐いので、僕なりに恐いイメージを作って行ったんです。そうしたら演出を担当する劇団ひとり

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 間宮祥太朗 ドラマ
  2. 間宮祥太朗 映画
クランクイン!の記事をもっと見る 2019年6月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「間宮祥太朗 + 映画」のおすすめ記事

「間宮祥太朗 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「間宮祥太朗 + ドラマ」のおすすめ記事

「間宮祥太朗 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「志尊淳」のニュース

次に読みたい関連記事「志尊淳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。